外壁塗装には向いている時期と向いていない時期があります。

外壁塗装を行うのに丁度よい季節はというと、4月、5月の春の時期や、9月、10月の秋の時期と言われています。天候や気温が比較的安定しているため、塗装や作業がしやすくなるからですね。

逆に、これら以外の季節では塗装工事は不利となってしまいます。梅雨の時期になれば雨天が多く工事も長引き、各工程間が間延びしてしまいます。

また真夏であれば、塗装中は窓を開けれない、エアコンが使えないといった制約があるため、快適な生活の妨げになることもあります。さらに真冬であれば、寒さで作業が進まず工期が想定より延びてしまうことも。スムーズに工事を終わらせるにはなるべく避けたい季節といえますね。

外壁塗装にふさわしくない時期でもメリットあり!

外壁塗装をするのにふさわしくない時期だからこそ、不利な条件を逆手にとることもできます。

梅雨になれば塗装業者の仕事量が減るため、繁忙期より低価格で依頼できる場合も多く、

コストを優先する方にはおすすめ。

冬になれば気温は下がりますが、湿度が低く塗料が乾燥しやすいため、よほどの寒冷地か積雪の多い地域でなければ依頼しやすい時期とも言えます。

工事は時期によって価格や工期が変動しますので、それを考慮することも大切でしょう。

外壁塗装をしたほうが良いタイミングは?

塗装時期の季節も大切ですが、新築後あるいは前回塗装してからの経過年数も考えておきましょう。

知らないうちに劣化が進行している場合、自分の施工したい時期を待っているうちに、もっと状況が悪化していくことも。取り返しのつかない状況になる前に、業者に一度見てもらうことをおすすめします。プロからのアドバイスに耳を傾け、予算に応じた施工時期を打ち合わせていきましょう。

では、外壁塗装を依頼するときに目安とするタイミングはいつなのでしょうか。業者に見てもらうための判断目安をご紹介します。

塗料の耐用年数を超えている

耐用年数を超えてしまえば、塗料の性能は落ちている恐れがあります。知らないうちに劣化やひび割れが進行している可能性もありますので、以前使用した塗料の仕様や耐用年数を把握しておきましょう。

チョーキングの発生

チョーキングとは、外壁を触ると白い粉が手につく状態です。劣化の目安となりますので、業者に見てもらいなるべく早く塗装してもらいましょう。

外壁にヒビ割れができている

多少のひび割れであれば大きな問題はありませんが、髪よりも太いヒビが発生していくようであると、塗り替え時期であると言えます。ひび割れが進行すると劣化も早くなるので注意しましょう。

コーキングのヒビ割れがある

特に窓廻りや取り合い部のコーキングの部分が、痩せて細くなったりひび割れてきたら塗り替えの時期になります。

塗装に膨らみや剥がれが発生した

塗装の剥離やひび割れのある部分をそのまま放置してしまうと、塗料と外壁の間に雨水が侵入し劣化が進行する恐れがあります。これらも業者に見てもらうときの目安としましょう。

外壁塗装の見積もり時に活用したいSite

業者選びにお困りだったり、
低価格で質の高い業者をお探しの方へ。

まずは相場を知ることから始めましょう!
» https://www.nuri-kae.jp/ «