外壁の色を選ぶ際、実際に何を基準にして決めていけばいいのか迷いますよね。

そこで、色決めに役立つ5つのポイントや風水を取り入れる場合のカラー解説、汚れが目立たない色などをご紹介いたします。

外壁の色選びの5つのポイント

まずは、実際の色を確認するときの5つのポイントをみていきましょう。

A4サイズ以上の色見本で確認しよう

小さな色見本帳だけではイメージが湧きづらいです。

多少時間がかかってしまいますが、A4サイズ以上の色見本を用意してもらい、自分のイメージと違いがないか確認しておきましょう。

太陽の下で色の見え方を確認しよう

ありがちなミスですが、色は確認する場所によって見え方が変わります。一般的に外壁は太陽光に照らされ人の目に映りますので、色見本も屋外で確認しましょう。

その際、天気によっても若干左右されるので入念に確認することをおすすめします。室内の確認だけだと、完成してからイメージと違った…なんてケースもありますので、できるだけ屋外の全天候で確認しておくと失敗がないでしょう。

流行の色をリサーチしよう

好きな色だから、という理由だけで決めてしまうのは少々危険です。周囲との調和も大事な要素ですし、自分の住宅に合う色というものも存在します。

塗り終わってから違和感を感じしてしまうこともあるので、色々な住宅をリサーチして自分の理想のイメージに近づけていくことが大切です。

試し塗りやシミュレーションをしよう

まずは大雑把なシミュレーションをしてみましょう。例えば簡単に家の絵を書いて、色鉛筆などで塗ってみることもいいでしょう。実際の塗料とは色味が違いますし日当たりで見え方は変わりますが、だいたいのイメージの目安となります。

色の方向性を固めたら試し塗りをしてみるといいでしょう。試し塗りとは、部分的に外壁へ塗装してもらうことです。前もって確認しておくことで、イメージ通りかのチェックができます。

ただし、試し塗りが終わってもすぐに決めてしまわないようにしましょう。天気や時間帯によって色の見え方は変化します。より自分のイメージに近づけるためにも、確認は入念しておくことをおすすめします。

市区町村で景観ガイドラインを確認しよう

稀なケースですが、地域によっては景観ガイドラインがあります。

例えば京都のように、町全体の調和を崩さないように定められているものです。あらかじめ調べておくことで、「せっかく苦労して決めた色なのにまた最初から…」なんてことを避けられます。

風水にこだわりたいけどおすすめの色は?

風水にこだわりのある方は、外壁塗装に取り入れてみることも一つの手です。希望する効果から色を選択することができるので、スムーズに色を決めていけるのではないでしょうか。

外壁は四方にあり面によって色を変えることは難しいと思いますが、アクセントとして部分的に塗ることもできます。ここでは各色の効果とおすすめの方角についてご紹介しますので、参考にしてみてください。

ホワイト

北東の方角がおすすめ。

人気の色の一つで、幸福な家庭生活や仕事の成功に効果があり運気が下がることもありません。浄化にも効果があり、常に清潔にしておくとより効果が期待できるでしょう。

ブラウン

南西(裏鬼門)の方角がおすすめ。

土の色から植物を育てることを連想させ、子育てや仕事に向いていますし、安定した家庭や健康への効果が期待できます。

ライトブルー・ペールブルー

東の方角がおすすめ。

知性や若さ、発展と成長に効果があり、知的なイメージも演出できます。

イエロー

西の方角がおすすめ。

皇帝の色ともいわれ金運アップで知られています。金運上昇に伴い仕事運も上がる色です。

オレンジ

南東の方角がおすすめ。

健康運に効果があります。ポジティブに何事へも挑戦できるようになるでしょう。

グリーン

東の方角がおすすめ。

植物が成長し実をつけるように、貯蓄アップや再生、あわせてリラックス効果もあります。吸収、蓄え、再生などを表す色です。

レッド

南の方角がおすすめ。

生命力に溢れ、健康に効果があります。血液と同じ色=生命力ですので力強さを象徴した色です。活力を上げたい方におすすめです。

ブラック

北の方角がおすすめ。

すべての色を混ぜることで黒色になるため、色を溜める=貯蓄が溜まると言われています。局部的にアクセントとして足すだけでも効果が期待できます。

ピンク

西や東南の方角がおすすめ。

若々しい健康を保つといった女性向けの効果が期待できます。また、人間関係や良縁に恵まれるとさせています。

グレー

北西の方角がおすすめ。

心を落ち着かせる効果が期待できます。色味としても、周囲と調和しやすく人気のある色です。ツートンカラーとして使用する場合にはグレーの比率を狭くすると良いそうです。

こんなにもたくさん色には効果があります。

風水を取り入れる際の注意点

外壁色に風水を取り入れるときに注意したいことが3つ。

  • 色味が似ていれば同じ効果が得られるため、無理に鮮やかな原色を使用しなくて良い。
  • 何色も使用すると効果が減少してしまう。
  • ひび割れや欠けはかえって運気を下げてしまので要注意。

外壁と屋根の色はどんな感じがベスト?

外壁では柔らかさを感じる色が人気です。主にホワイト、クリーム、モカなど。屋根は暗めの色が人気です。グレーやブラックなどが該当します。

この2つの系統の色を組み合わせることで調和のとれた、落ち着いたイメージの家に仕上がります。

汚れが目立たない色はあるの?

年数がたてば、どうしても汚れが付着してしまいます。外壁に付着する汚れは、土汚れやカビ、コケなどがあります。

そこで、汚れを目立たなくする色としてグレーをおすすめします。局部的な茶色や緑色などの汚れも目立たなくなり、白と黒の中間的な色で落ち着いた雰囲気を演出できるとして人気のカラーです。

白や黒の色を使用したい場合は、原色ではなく少しぼかした色がいいでしょう。例えば白を使用したい場合、クリームの色味に近づけると汚れも目立ちにくくなります。他にもベージュやアイボリー、薄めのブラウンも人気があります。黒であれば、グレーや濃いめの茶色、深い青色などがおすすめです。

外壁塗装の見積もり時に活用したいSite

業者選びにお困りだったり、
低価格で質の高い業者をお探しの方へ。

まずは相場を知ることから始めましょう!
» https://www.nuri-kae.jp/ «