長崎県佐世保市でのトランクルームの投資に失敗しないために、初期費用やトランクルームの違い、利回りなどをまとめてみました。参考にしてみてください。

トランクルーム投資の初期費用

初期費用の内訳は主に以下の通りです。

  • コンテナの購入費
  • 部材費
  • リフォーム費用
  • 舗装(必要な場合)

この他に費用がかかるものはほとんどありません。しかし、個人経営の場合は広告を出したり看板を設置したりする必要があるため、広告費、看板設置代も準備することになります。

また、トランクルームの初期費用は、以下の2つのうちどちらを使用するかによって異なります。

  1. 屋外型トランクルーム
  2. 屋内型トランクルーム

それでは、それぞれの初期費用の相場をチェックしてみましょう。

屋外型トランクルーム

屋外型はコンテナを使用することが多いです。コンテナをいくつ使用するかで初期費用は変動しますが、平均的な金額は500~1,000万円と言われています。

このタイプのトランクルームは、コンテナの購入費が初期費用の大部分を占めるでしょう。コンテナは4部屋タイプだと1基60~80万円ほどが相場で、中古のものでも20~40万円かかります。どのくらいの規模で経営するかによってコンテナの数が変わるので、予算内に収まるように計画を立てるのがおすすめです。

屋内型トランクルーム

屋外とは違い、屋内のトランクルームでは基本的に建物を活用したものとなっています。

例えばビルの一角に使用されていないスペースがあれば、そちらを活用してトランクルームとしてリフォームするのです。更地の状態から建物を建ててトランクルームにするという方法もありますが、費用がかかりすぎて初期費用の回収にずいぶんと時間がかかってしまうでしょう。

さて、屋内型のトランクルームの初期費用ですが、リフォーム代で済むことが多いため100~800万円ほどが相場となっています。屋外型と比べると安く済む傾向があるのです。

初期費用の内訳を見てみましょう。屋内の場合は間仕切りを購入し、設置工事を行ってもらうため、約20坪で100~200万円かかると想定しておくのが最適です。この他にリフォーム代などがプラスされます。狭い空間を利用するだけなら150万円前後で経営を始められるでしょう。

トランクルーム経営するのなら
まずはこちらから資料請求を

≫無料で資料請求するならこちら≪

相談先にはこちらがおすすめ。
かんたんに資料請求できます。

トランクルーム投資は節税できる?

トランクルーム投資は節税に効果的と言われているのは事実です。その理由をまとめてみましたので参考にしてみてください。

例えば、資産によって相続税の税額は異なるのを知っていますか?賃貸マンションと同等の金額の現金があったとすると、現金の方が価値が高いとされるのです。そうすると相続税評価額が高くなり、賃貸マンションに比べて高い税金を納めなくてはならなくなります。

トランクルーム投資では相続税において賃貸マンションなどと同じように評価されるため、税額が抑えられ節税することが可能と言えるのです。

この他にもトランクルーム投資によって節税できるポイントはあります。まずは専門家に相談してみるといいでしょう。トランクルーム投資の利回りは?

トランクルーム投資の利回りは、15~35%が相場と言われています。これがどのくらいの数値なのかわからないという方もいるでしょう。

わかりやすく説明すると、不動産投資の場合8~10%の利回りがあれば成功しやすいと考えられているため、トランクルーム投資はかなり利益を出しやすいということです。

投資において利回りは収益率を表している数値で、投資においてかなり重要となるものです。土地活用の方法を選択する際にも、

儲かる可能性はあるのか?
自分に向いているか?

などを利回りでチェックします。しかし、あくまで目安なので実際に経営を始めてからその通りの収益があるとは限りませんのでご注意ください。

それを踏まえた上でもう一度トランクルーム投資の利回りについて見ていきましょう。

トランクルーム投資では、利用料の設定によって利回りが異なります。また、利回りには想定利回り、実質利回りがあるので数値を比べてみました。

想定利回り
屋外型トランクルームでは約35%、屋内型トランクルームでは約40%が相場。
実質利回り
屋外型トランクルームでは約13%、屋内型トランクルームでは約17%が相場。

また、経営方式のよっても利回りは違うので、個人経営なのか業者に任せるのかをよく検討して決めるべきでしょう。どちらかというと個人経営の方が利回りは高くなります。

ただし、利回りが高いからと言ってそちらがいいとは限りません。勘違いする方が多いのですが、利回り=収益のではなく、収益額が投資した金額の何%を占めているか、という割合です。そのため、利回りが高いから収益が得られる得られるわけではないと考えられます。

まずは、

  • 利回りが何%くらいなのか
  • 収益はどれくらいになるのか
  • 初期費用はいつ頃回収可能なのか

といったことをしっかりと確認してから投資をするか決断するといいでしょう。

できれば初期費用の回収は早く済ませ、その後の収益を手取りの収入とすることが望ましいです。

初期費用にかかった額にもよりますが、うまくいくと5年以内には回収完了できるため、それよりも何年も遅くなるようであれば、投資計画を見直す必要があると考え専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

トランクルーム投資のリスク

投資にはリスクがつきものです。トランクルーム投資も例外なく、以下のようなリスクがあると考えられています。

  • 空室状態が続く可能性がある(空室リスク)
  • 料金が安いため大きな利益は見込めない
  • 時期によって収入に差が出やすい
  • 大きいサイズのトランクルームは利用者が少なくなる
  • 災害による倒壊、破損の危険性がある
  • 経年劣化していくため修繕費などが別途かかる

しかし、リスクを理解したうえでしっかりと対策を練っておけば、いざという時にうまく対処することができます。

例えば以下のような対策はいかがでしょうか?

  • トランクルームの需要があるか事前に調査しておく
  • 借り手がつきやすい適切な料金設定をする
  • 地震による被害に遭わないように耐震補強工事をしてもらう
  • 広告やチラシなどで集客できるよう宣伝する
  • リフォーム工事によって経年劣化を防ぐ

投資はわからないことや不安なことなどがある状態で簡単に始められるものではありません。事前調査から集客まで、正確な知識と経営のノウハウが必要になります。所有する土地に向いている活用方法なのか、実際に儲かりそうなのかというのを専門家に相談し、納得してから投資を開始しましょう。

また、こちらでは、あなたの土地や資産状況に応じて適した提案をいくつもしてくれます。まずは相談をし、よりよい活用方法がないか確認しておくのがおすすめです。

トランクルーム経営するのなら
まずはこちらから資料請求を

≫無料で資料請求するならこちら≪

相談先にはこちらがおすすめ。
かんたんに資料請求できます。