儲かる?採算は取れる?気になる利益例は?

大阪府高槻市でコインランドリー経営をされたいと思われたときの参考になさって下さい。

人件費がかからない

コインランドリーの管理は、オーナーまたは代行者が1人いれば十分でしょう。業務内容はとても簡単だからというのが理由の1つです。

店舗内の清掃や両替機のコイン補充、洗濯機や乾燥機のお金の回収、洗剤の補充などをするだけなので、規模が大きかったり飲食スペースを併設したりしていなければ、1日に1時間程度業務をこなせば大丈夫と言われています。

利益率が高い

初期費用はかかりますが、経営を始めてからは洗剤の仕入れ以外ほとんど追加購入するものがありません。洗剤自体は原価が低く負担にはなりにくいものです。そのため、利益率が高くなると考えられています。

また、儲けが少ないと感じても、すごくなだらかではありますが右肩上がりであるケースが多いです。ランニングコストはほとんど変わらない上に、コインランドリーでは粗利が高いため、売上が上がれば上がるほど利益が出る仕組みとなっています。

需要が多い

コインランドリーを利用することで、共働きや子育て世帯はもちろん、仕事が忙しい単身世帯の家事負担を軽減することができます。休日に自宅でまとめて洗濯するのも大変ですし、そもそも大きな布団や毛布は家庭の洗濯機では洗えないからです。

単身赴任のサラリーマンや外国人観光客や留学生などには特に人気が高く、中には靴専用の洗濯機目当てでコインランドリーを訪れるお客さんもいます。また、急に洗濯が必要になったけれど乾かす時間がない場合にもよく利用されるようです。

家に洗濯機があっても、洗濯物を干して取り込むのが面倒という人からも需要があります。このように、コインランドリーの便利さから、時間短縮や洗濯の質の向上のために利用する人が増えているのが現状です。

コインランドリー経営するなら
まずはこちらから資料請求を

»無料で資料請求するならこちら«

相談先にはこちらがおすすめ
かんたんに資料請求できます!

どのようなメリット・デメリットがあるの?

コインランドリー経営でのメリットやデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?それぞれ詳しくご紹介していきます。

メリットは?

メリットには、以下のようなものがあります。

  • 収入が安定しやすい
  • 料金の未払いが起こらない
  • 粗利が大きい
  • 節税になる
  • ランニングコストがかからない
  • 人件費がかからない
  • 経営ノウハウが必要ない
  • 管理の手間がかからない
  • 狭い土地でも活用できる
  • 常に需要がある
  • 長期の経営に向いている

デメリットは?

デメリットには、以下のようなものがあります。しかし、どの経営にも言えることであったり、対策を立てればリスクを回避できたりするので、あまり心配しすぎる必要はないでしょう。

  • 多額の初期費用がかかる
  • 大きな利益にならないことがほとんど
  • 競合が多くて利用者が増えにくい
  • 機械のトラブルが起こる可能性がある
  • たまり場や休憩所にされてしまうことがある
  • クレーム対応をしなくてはいけない
  • 盗難被害に注意が必要

初期費用はどれくらいかかる?

初期費用が高いという特徴があるので、どんなものにいくらかかるのか事前に知っておいた方がいいでしょう。

コインランドリーには土地と建物が必要です。土地は所有している不動産を活用したとしても、建物を建てるのに500~1,000万円かかります。その他に洗濯機などの機械やテーブルなどの備品を購入するので、全体で2,000~2,500万円ほどの費用がかかると言われています。

洗濯機や乾燥機は種類や大きさ、機能にもよりますが、以下のような金額がかかるでしょう。

洗濯機 約10~20万円
乾燥機 約50~80万円
靴専用乾燥機 約20万円

この他に、建設費、設備工事費、内装工事費で500~600万円ほどかかるため、最低でも1,000万円以上の資産が必要だと考えられます。

コインランドリーをされた成功例

土地活用がしたいという思いから、管理が楽なコインランドリー経営を始めた高山さん。しかし、想像していた経営ができず、なかなか集客できずにいました。ただコインランドリーを建てて、そこに洗濯機や乾燥機を設置すれば、勝手にお客さんが集まってくるものだと考えていたのが原因です。

そこで高山さんは、お客さんが利用したくなるようなサービスを提供しようと考え、平日の15~20時限定の料金割引を始めました。

すると次第に利用者が増え、今でも経営を続けられているそうです。

コインランドリーでの失敗例

人件費がかからないことに目をつけた本木さん。早速コインランドリー経営を始めましたが、実は方針を誤ってしまっていたのです。

当初から人件費をかけないことが前提だったのに、24時間営業の店舗として運営。そのため、オーナーである本木さんがいない夜間に、ホームレスや終電を逃した人が休憩したり寝床としたりしていました。

近所の方がうわさをしているのを聞き初めて知ったのも問題でした。慌てて夜間はスタッフを1人常駐するようにしたのですが、変な人たちが集まっているとうわさが広まり、なかなかお客さんは増えません。

コインランドリー経営に関するまとめ

今回はコインランドリー経営についてご紹介しました。土地活用、投資の方法の1つとして人気が高いのですが、所有している土地などの不動産によって向き不向きがあります。

他の方法で経営した方がもっと効率よく収入を得られる可能性もあるでしょう。土地に合わせた運用をしていくためにも、幅広い視野で提案してくれる専門家に相談することをおすすめします。

コインランドリー経営するなら
まずはこちらから資料請求を

»無料で資料請求するならこちら«

相談先にはこちらがおすすめ
かんたんに資料請求できます!

そして更に詳しくご覧になるなら、こちらのコインランドリー経営は儲かるのかをご覧下さい。