不動産を有効活用したいと考えている人の副業としても人気上昇中のコインランドリー経営。初期投資はかかるけれど、ランニングコストはあまりかからない投資方法だと注目されています。

ここではそんなコインランドリー経営の実態についてまとめています。投資、経営方法の候補の1つであるのならぜひ参考にしてみてください。

儲かる?採算は取れる?気になる利益例もご紹介します

アパート・マンション経営、戸建て賃貸などよりも儲かると言う人も多く、本当に儲かるのかが気になるところです。どのような根拠から儲かると考えられているのか、どのくらい利益が出るのかをチェックしてみましょう。

人件費がかからない

コインランドリーの管理は、オーナーまたは代行者が1人いれば十分でしょう。業務内容はとても簡単だからというのが理由の1つです。

店舗内の清掃や両替機のコイン補充、洗濯機や乾燥機のお金の回収、洗剤の補充などをするだけなので、規模が大きかったり飲食スペースを併設したりしていなければ、1日に1時間程度業務をこなせば大丈夫と言われています。

利益率が高い

初期費用はかかりますが、経営を始めてからは洗剤の仕入れ以外ほとんど追加購入するものがありません。洗剤自体は原価が低く負担にはなりにくいものです。そのため、利益率が高くなると考えられています。

また、儲けが少ないと感じても、すごくなだらかではありますが右肩上がりであるケースが多いです。ランニングコストはほとんど変わらない上に、コインランドリーでは粗利が高いため、売上が上がれば上がるほど利益が出る仕組みとなっています。

需要が多い

コインランドリーを利用することで、共働きや子育て世帯はもちろん、仕事が忙しい単身世帯の家事負担を軽減することができます。休日に自宅でまとめて洗濯するのも大変ですし、そもそも大きな布団や毛布は家庭の洗濯機では洗えないからです。

単身赴任のサラリーマンや外国人観光客や留学生などには特に人気が高く、中には靴専用の洗濯機目当てでコインランドリーを訪れるお客さんもいます。また、急に洗濯が必要になったけれど乾かす時間がない場合にもよく利用されるようです。

家に洗濯機があっても、洗濯物を干して取り込むのが面倒という人からも需要があります。このように、コインランドリーの便利さから、時間短縮や洗濯の質の向上のために利用する人が増えているのが現状です。

景気に左右されない

景気の変動は経営や投資を行う場合注意しなければいけない大きな要素です。

しかし、洗濯は基本的に必要なことなので、あまり影響を受けずに常に需要があると言われています。そのため、安定した利益が出ると考えられるでしょう。

実際、儲かるかは努力と工夫次第

コインランドリー経営を専門にしている業者では、このくらいは確実に儲けられますと成功例を話してくれるでしょう。しかし、実際はそう上手くはいかないこともあります。どの経営でも失敗するリスクは必ずあるのです。

100%儲かるとは言い切れませんが、努力や工夫をすることで儲けやすくすることはできます。事前調査や経営努力などによって結果は変わるということを肝に銘じておくといいでしょう。

利益例は?

採算性があるかは利回りをチェックするとだいたいわかります。コインランドリー経営での利回りは、平均で15%前後と言われています。自分が所有している土地を活用する場合、うまくいけば20%の利回りとなることもあるでしょう。

また、10年以内に初期費用を回収することができるケースがほとんどです。それまでは薄利多売という経営方法にはなりますが、もともと資産に余裕がある人が経営することが多いため、支障はないとされています。資産や他の収入を元に、地道にコツコツ稼ぎたいという人に向いているかもしれません。

さて具体的な数字による利益例を見てみましょう。

コインランドリーの平均単価は600円と言われていますので、1人につき600円を支払うとします。1時間に利用客が2人来るとしましょう。営業時間は午前9時から午後9時までの12時間です。

この場合、1日の売上は

600円×2人×12時間=14,400円

となります。

そのため1ヵ月の売上は、

600円×2人×12時間×30日=432,000円

であることがわかるのです。

また、収入は売り上げから洗剤代などの費用を差し引いた金額となります。初期費用でかかったものをローンで購入していて、その返済が毎月あったとしても売り上げの半分程度は手元に残るでしょう。

利益が出てくるのは1~2年後

薄利多売が基本であることから、経営開始直後は利益があまり出ない可能性は十分あります。その間もランニングコストは多少なりとも必要なので、資金がないとやりくりできなくなるでしょう。

しかし資金力があれば、1~2年後には利益が出てきて成功するケースも少なくありません。長期的にやっていくことができる人に向いている経営方法だと理解した上で、綿密に計画を立てておくことが大切です。

どのようなメリット・デメリットがあるの?

コインランドリー経営でのメリットやデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?それぞれ詳しくご紹介していきます。

メリットは?

メリットには、以下のようなものがあります。

  • 収入が安定しやすい
  • 料金の未払いが起こらない
  • 粗利が大きい
  • 節税になる
  • ランニングコストがかからない
  • 人件費がかからない
  • 経営ノウハウが必要ない
  • 管理の手間がかからない
  • 狭い土地でも活用できる
  • 常に需要がある
  • 長期の経営に向いている

デメリットは?

デメリットには、以下のようなものがあります。しかし、どの経営にも言えることであったり、対策を立てればリスクを回避できたりするので、あまり心配しすぎる必要はないでしょう。

  • 多額の初期費用がかかる
  • 大きな利益にならないことがほとんど
  • 競合が多くて利用者が増えにくい
  • 機械のトラブルが起こる可能性がある
  • たまり場や休憩所にされてしまうことがある
  • クレーム対応をしなくてはいけない
  • 盗難被害に注意が必要

初期費用はどれくらいかかる?

初期費用が高いという特徴があるので、どんなものにいくらかかるのか事前に知っておいた方がいいでしょう。

コインランドリーには土地と建物が必要です。土地は所有している不動産を活用したとしても、建物を建てるのに500~1,000万円かかります。その他に洗濯機などの機械やテーブルなどの備品を購入するので、全体で2,000~2,500万円ほどの費用がかかると言われています。

洗濯機や乾燥機は種類や大きさ、機能にもよりますが、以下のような金額がかかるでしょう。

洗濯機 約10~20万円
乾燥機 約50~80万円
靴専用乾燥機 約20万円

この他に、建設費、設備工事費、内装工事費で500~600万円ほどかかるため、最低でも1,000万円以上の資産が必要だと考えられます。

成功例と失敗例が知りたい

実際に経営をした人の体験談をご紹介します。成功例、失敗例を2つずつまとめていますので、これからコインランドリー経営を始めるか迷っている方はぜひ参考にし、体験談を生かした経営を目指してください。

成功例

まずは、コインランドリー経営で収入を得られるようになったという成功例を2つ見てみましょう。

成功例1

土地活用がしたいという思いから、管理が楽なコインランドリー経営を始めた高山さん。しかし、想像していた経営ができず、なかなか集客できずにいました。ただコインランドリーを建てて、そこに洗濯機や乾燥機を設置すれば、勝手にお客さんが集まってくるものだと考えていたのが原因です。

そこで高山さんは、お客さんが利用したくなるようなサービスを提供しようと考え、平日の15~20時限定の料金割引を始めました。

すると次第に利用者が増え、今でも経営を続けられているそうです。

成功例2

Bさんはありきたりなコインランドリーではなく、若い世代や女性に人気がある店舗にしたいと考えていました。そこでいろいろな提案を受け、居心地のいい空間づくりをし、さらにそれを生かしたカフェを併設。

洗濯に来たお客さんたちが待ち時間にちょっと一息つけるコインランドリーに仕上がりました。昼はトーストなどの軽食を、夜はパスタなどのディナーメニューを用意し、数種類のドリンクも用意。

内装にもこだわり、女性ウケするおしゃれな壁紙と照明、備品にしました。結果、女性や子ども連れ、若い男性がよく訪れる人気のコインランドリーとなったのです。

失敗例

今度は出だしでミスをしたり、結果的に損をしたりした失敗例を見てみましょう。

失敗例1

人件費がかからないことに目をつけた本木さん。早速コインランドリー経営を始めましたが、実は方針を誤ってしまっていたのです。

当初から人件費をかけないことが前提だったのに、24時間営業の店舗として運営。そのため、オーナーである本木さんがいない夜間に、ホームレスや終電を逃した人が休憩したり寝床としたりしていました。

近所の方がうわさをしているのを聞き初めて知ったのも問題でした。慌てて夜間はスタッフを1人常駐するようにしたのですが、変な人たちが集まっているとうわさが広まり、なかなかお客さんは増えません。

失敗例2

おしゃれで今流行りなコインランドリーの話を聞き、すぐに真似をして経営を始めたDさん。外装、内装にこだわり、子連れにも人気が出るようにとキッズスペースまで設けました。

絶対にうまくいくと自信があったのですが、いざ経営がスタートすると利用客は若い男性がメイン。どうも近くにある大学に通っている学生のようです。

女性に人気が出るようにと工夫を凝らしたのですが、初期費用を高くするだけで生かされずに終わってしまいました。その地域のニーズを把握さえしていれば、初期費用を抑えてもっと効率よく収入が得られたとDさんは後悔しています。

コインランドリー経営に関するまとめ

今回はコインランドリー経営についてご紹介しました。土地活用、投資の方法の1つとして人気が高いのですが、所有している土地などの不動産によって向き不向きがあります。

他の方法で経営した方がもっと効率よく収入を得られる可能性もあるでしょう。土地に合わせた運用をしていくためにも、幅広い視野で提案してくれる専門家に相談することをおすすめします。

コインランドリー経営するなら
まずはこちらから資料請求を

»無料で資料請求するならこちら«

相談先にはこちらがおすすめ
かんたんに資料請求できます!