空き家を活用なら
まずはこちらから資料請求を

»無料で資料請求するならこちら«

空き家活用ビジネスなら
こちらからまずは資料請求を

空き家を持っているけど、どう活用していいかわからず、かと言って手放すわけにもいかない…。ですが不動産はただ持っているだけでは固定資産税などの維持費がかかるだけで、

何の利益ももたらしてくれません。

しかし、うまく活用することができさえすれば、あなたの持っている空き家は収入源となる可能性を秘めているのです。そこで、今回は空き家を活用したビジネスにはどんなものがあるのか、事例を通してご紹介していきます。

空き家の活用方法や事例など

何とか活用しようと試行錯誤して、そのままでは価値があまりなかった空き家を新しい姿に生まれ変わらせたという事例があります。結果的に成功したものと失敗したものに分けていくつか見てみましょう。

空き家活用の成功事例

ここでは3つの成功事例をご紹介します。

店舗兼住宅を保育園に生まれ変わらせることに成功

使わなくなった店舗部分をどうしたらいいか迷い、住宅部分も丸ごとリノベーションすることを決意した六坂さん。どんな活用の仕方をするか決めかねていましたが、保育園を必要としている人が多い地域であったこともあり、保育園にしようと考えました。

そのままの姿では保育園にはふさわしくなく、子どもたちが通える状態ではなかったため、子どもへの安全対策と、毎日を安心して過ごせる柔らかな雰囲気を重要視してリノベーションの依頼をしました。

結果、子どもの目線に合わせた家具の配置なども可能に。木材をたっぷりと使用したことで、木のぬくもりが感じられる素敵な保育園へと生まれ変わりました。

すぐに人気となり、毎日多くの子どもたちが元気に通っています。

幹線道路に面していることを生かして店舗に変更

交通量が多い幹線道路に面した土地に空き家を持っていた山岸さん。住むことは考えておらず、その後の活用方法を検討中でした。専門家に相談したところ、その立地条件では飲食店を構えるのがいいのでは?とアドバイスを受けることができました。

空き家のリノベーションをすることになりましたが、それだけではお客さんが来づらいと考え、駐車場に車が入ってきやすいように手を加えることに。また、店内は昼と夜で雰囲気が変わるようにライトにも工夫を凝らしました。

今では、入りやすく居心地が良い店だということで大繁盛しているようです。

アパートを高齢者住宅にリノベーション

すでにアパート経営という形で空き家活用していた浅田さん。しかし、このままではあまり利益にならないと考え、思い切ってリノベーションすることに。浅田さんが目をつけたのは高齢者向けの賃貸住宅。必要とする人が多いと聞いて、高齢者に合わせた内容でリノベーションの依頼をしました。

車いすや杖でも出入りしやすいようにとバリアフリー化させ、あらゆるところに手すりを設置。また、コンロは火災予防のためにIHに換えました。安全面に考慮して24時間対応のコールシステムも導入して、すべての高齢者が過ごしやすい場所にすることに成功。もちろんこれらは専門家がいてこそのナイスアドバイスだったようです。

現在は空室もなく、黒字経営を実現できています。

空き家活用失敗事例

利益を生み出すようにと願って活用に踏み切ったのに、利益を生むどころかマイナスを生み出したという失敗事例を2つご紹介します。

流行りに乗ってシェアハウスにしたら失敗

相続した実家は空き家状態。固定資産税は高いし、そろそろ空き家活用させたいと考えた山海さん。必要な勉強をし始めたところ、シェアハウスが流行っていると知りました。空き家があるのは若い人がたくさん集まる大学の近く。うまくいくに違いないとシェアハウスにすることを決意したのです。

空き家は水回りの修理などが必要だったので、それも含めて大規模にリノベーションしました。内装が綺麗なこともあり、すぐに数名の入居者が現れましたが、思わぬ問題が起こったのです。

それは住人同士の揉め事。若い人同士でうまくいくと思ったのに、共有スペースでのトラブルが絶えず、山海さんは昼夜問わずクレーム対応とトラブル解決に追われる毎日となりました。

また、大学に通っている間だけシェアハウスに住むという人たちばかりだったので、短期間で退居してしまうのも問題でした。すぐにまた新しい入居者を探さなくてはならないのです。空室が多く、収入は不安定となり赤字経営。この空き家活用は失敗だったと嘆いています。

人気があると聞いたのに古民家カフェで赤字経営に

西尾さんは相続した空き家が古民家だったということを生かして、人気が出ている古民家カフェとして活用することに決めました。嬉しいことに、その空き家がある自治体では指定されている工務店でリフォームすれば補助金が出るということで、さっそくその工務店に依頼。

思い切って勤めていた会社を辞め、リフォーム中の期間を利用してカフェ経営について勉強を始めました。リフォームではかなりの資金を費やすことになりましたが、古民家カフェは人気が高いと聞いているし取り戻せるだろうと信じ準備を進めたと言います。

ようやく古民家カフェが完成し、いざ経営を開始してみたところ、全くと言ってお客さんが来ません。それもそのはず、その場所は交通の便が悪く、あまり人通りもない店舗には不向きのエリアだったのです。

リフォームに大金をかけていますし、このままでは破産してしまいます。焦ってグルメ雑誌やサイトなどにも料金を支払い掲載してもらいましたが、お客さんは時々しか訪れず、結局古民家カフェは失敗。

会社を辞めていたので無職となり、資産もなくなり、残ったのは多額の借金のみとなってしまいました。

成功した人と失敗した人の違い

ご紹介した事例から、成功した人と失敗した人にどんな違いがあるのか確認しましょう。

まずは、空き家活用の

ノウハウを持っているかいないか

の違い。そして、

専門家に相談したかどうか

の違い。この2つが結果を左右しています。

成功した人たちは経営をしていくために必要なノウハウを持っていました。どうすればお客さんや入居者が集まるのか、求められているのはどんなところなのかを事前にリサーチし、そのために上手に工夫を凝らしていました。

さらには知識の無い方でも専門家にしっかりと相談することで、経験者の成功例や失敗例を把握でき、さらには近隣の状況等を調べてもらうことができました。こうして成功することができたと言っても過言ではないのです。

そして逆に失敗した人たちは、自分が持つ空き地がどんな立地条件にあり、どんなものに需要があるのか考えずに流行りに乗ろうとしています。空き家には活用方法によって不向きなものもあるとは考えなかったのです。その上、結論を自分1人で出し、専門家に意見を求めることをしませんでした。

繰り返しになりますが、空き家のみならず土地活用や不動産投資をする際に重要なのは、専門家に相談してから行動に移すということでしょう。素人では気づけなかったことにも気づき、的確なアドバイスをくれるのは実績と知識があるプロです。

こちらのように、自分に合った活用方法を提案してくれて、様々な場面でサポートしてくれる土地活用サービスを使用してみてはいかがでしょうか?

  • リフォームしても立地が悪くて、借り手や客が現れない。
  • 空き家の活用が難しいと悩んでいたら、固定資産税や維持費がかかってマイナス状態に。

などの悩みもヒアリングしてくれます。是非あなたの持つ空き家に合わせた提案をしてもらってください。

空き家を活用なら
まずはこちらから資料請求を

»無料で資料請求するならこちら«

空き家活用ビジネスなら
こちらからまずは資料請求を

空き家をリノベーションするのもいいけれど

空き家はそのままでは価値がないとして、何らかの形にリノベーションしようと考える人が多いです。

しかし、リノベーションに踏み切る前に、どう活用したいのか、どの方法が最も利益を生み出すのか専門家に相談しておくことをおすすめします。

民宿やシェアハウスなどのように、テレビやネットで人気が高いと紹介されている空き家活用に着目するのも悪くないでしょう。ただ、工務店やリフォーム会社などに相談、依頼しただけではうまくいくとは限りません。リノベーションする側はお金になるため「うまくいくでしょう」と答えることがほとんどなのです。

とある方は、リフォーム会社に相談したところ、戸建て賃貸を経営するためにリノベーションすれば利益が出るでしょうとアドバイスを受けました。ところが、リノベーションに費用がかかりすぎて元を取るのに時間がかかり、赤字経営が続いてしまったのです。

リノベーションするのなら、予算はいくらなのか、利益を出すにはいくらに収めるべきなのか、家賃はどのくらいに設定するのがベストなのかがとても重要となります。失敗しても自分で住むのなら大丈夫ですが、投資目的や空き家活用のために突っ走ってしまうのは注意が必要なのです。

客観的に見て

適切なアドバイスをくれるのは専門家。

そのことを忘れず、まずは相談してみましょう。