結論から言うと、土地なしでもコインパーキングの経営は可能です。不動産を所有していて、土地活用方法としてコインパーキング経営を選択する人もいますが、中にはコインパーキング経営のために土地を探す人もいるのです。

もともと土地があるわけではなくても、土地を買わずに借りてしまえば比較的気軽に経営を始められます。以下、参考にしてください。

どんな流れで土地を賃貸・購入することになる?

土地を持っていないとなると、誰かから土地を借りるか、購入するしかありません。そこでどのようにして土地を手に入れるのか、大まかな流れをご紹介します。

  • まずはコインパーキングに向いている土地を探す
  • 土地の所有者(オーナー)を調べる
  • オーナーと交渉して土地を購入・賃貸する

オーナーを調べるには、土地のある市区町村の役所に行き、手続きをした上で土地台帳を参照する必要があります。役所によっては手数料が数百円かかったり、事前に申請しなくてはいけなかったりするので問い合わせておくといいでしょう。

オーナーが見つかったら、土地の購入または賃貸の交渉をします。交渉、契約時のトラブルを避けるためにも、仲介業者も交えるのが一般的ですが、できれば信頼できる不動産会社に任せるのがおすすめです。

駐車場経営や土地活用なら
まずはこちらから資料請求を

≫無料で資料請求するならこちら≪

相談先にはこちらがおすすめ。
かんたんに資料請求できます。

コインパーキング経営に向いている土地の選び方は?

人が車を停めたいと思うところがコインパーキングに向いている地域と言えます。

例えば、市街地や駐車場がない商店街、ビル街などでは駐車するところを探すでしょう。コインパーキングは様々あり、ライバルも多いかと思いますが、それでも利用者が明らかに少ない地域よりは集客できるはずです。

このように、土地の選び方にはコツがあります。どんな土地なら成功しやすいのか、理由とともにまとめていますのでご覧ください。

たくさんの人が集まるエリアに絞る

基本中の基本である選び方は、とにかく人がたくさん集まるところに絞ることです。車で来るような地域であればさらにいいでしょう。

具体的に挙げると、

  • 駐車場がないけど人気なお店がある
  • 人が集まる大きな公園がある
  • 駅が近い
  • 駐車台数が限られている学校や幼稚園が近い

などの条件に当てはまるところは、コインパーキングの需要が高いと考えられます。

商業地の中の防火地域を狙う

商業などの利便性を高めるために定められた地域を商業地と呼びます。そのような地域では、火事が発生した時に燃え広がって被害を増やさないよう、防火地域を設けています。防火地域では建造物を鉄筋コンクリートなどの耐火建築物にしなくてはいけないという規則があるため、空き地を賃貸住宅などで活用したくてもなかなか難しいのです。

そんな防火地域を利用すれば、建物を建てる必要がないコインパーキングは最適な経営方法となるでしょう。近くにオフィスビルや店舗があれば人は集まります。駐車スペースがあればいいので、たとえ小さな土地であっても大丈夫です。

路上駐車禁止になっている地域を狙う

路上駐車禁止になっていれば、警察に取り締まられないためにコインパーキングを利用するしかない場合も多いでしょう。

それから、路駐できないほど狭い道幅の道路に面したお店があれば、そのお店と提携してコインパーキングを利用してもらうこともできます。

開発・再開発予定地を狙う

これから賑わうであろうエリアを活用するのも手です。

地元の住民に聞き込みをしたりして、開発予定の場所がないかよくチェックすることをおすすめします。

土地勘があるところで空き地があれば活用する

可能であれば、地元や現在住んでいる地域など土地勘のあるところで空き地を探すといいでしょう。

  • どのくらい人が集まるか
  • 利用台数がどれくらいになりそうか
  • 車が出入りしやすいところか
  • コインパーキングの競争率はどのくらいか

このようなことを事前に調査してからでないと、コインパーキング経営を始めることは難しいのですが、よく知っている土地では自然と把握できているものです。

気になる土地も見つけやすいので、限られた時間でサクサク準備していきたい人は土地勘のあるところで調べてみてはいかがでしょうか?

土地なしで経営を始めて成功した事例は?

土地を借りてコインパーキング経営を成功させた事例を見てみましょう。

Eさんは、とある住宅地の空き地がコインパーキングに向いていると判断。そこでオーナーから月8万円ほどの賃料で貸してもらうよう交渉しました。

初期費用は約260万円。毎月の支出は維持費も含めると約10万円ですが、それを上回る利益があり、収入は月に15万円ほどです。

かかった費用を1年半で取り戻せるので、それ以降は賃料と維持費を差し引いた額がそのままプラスになる計算となります。

成功した理由は、住宅地の中でも駐車場を必要とする人が多い地域を狙ったことが考えられます。空き地の有無と、コインパーキングの需要をしっかりと見極めた結果でしょう。

注意しなければいけないことはある?

コインパーキング経営では収益性が低めだというデメリットがあります。

そのため、土地なしで経営を始める場合は、

  • 安い土地を購入または賃貸する
  • ローンを組んだり借金したりしない

ということが鉄則です。

毎月の収入が少ないことから、高額な土地代を購入、賃貸しても元がなかなか取れないということも多く、ローンや借金の返済をする余裕などないのです。少ない資産で少ないながらも収入を得る、それが鉄則と言えるでしょう。

駐車場経営や土地活用なら
まずはこちらから資料請求を

≫無料で資料請求するならこちら≪

相談先にはこちらがおすすめ。
かんたんに資料請求できます。