一番気になるのは、経営を始めたら収入がいくら見込めるのかということでしょう。コインパーキング経営では収入の相場が以下の2点で変わります。

  • 土地がある地域と特性
  • 経営方式

どう違うのか、どうして相場が変わるのか見ていきましょう。

収入の目安はどれくらい?

コインパーキングでの収入は、その土地や経営の仕方によって大きく異なり、いくらくらい稼げますと断言することは難しいです。しかし、地域や特性の違いでどのくらい収入が得られるのかをざっくりとご紹介することはできます。

下に土地の特性による収入の差をまとめてみました。

商業地や繁華街 108万円/月
住宅地 75万円/月

都市部や地方などでも差が生まれるため、同じ条件でどのくらい違うのかを比べてみたのが上記の表です。この表では33万円の差があることがわかります。やはり人が多く集まり、有料でも駐車しなければいけない地域では儲けが出るようです。

また、経営方式での収入の差はさらに大きくなります。自己経営では利用料金の収益から土地代や維持費などを差し引いた分がそのまま収入となりますが、一括貸しではそうはいかないからです。

一括貸しの場合、業者と決めた一定額を毎月受け取ることになります。管理を任せていられる安心感と引き換えに利益は小さくなるでしょう。

具体的な収入例は?

都内にあるコインパーキングでは、1時間300円~400円くらいが相場となります。10台の駐車スペースがあって、平均5時間の利用だとすると、

300円×5時間×10台×30日=45万円

となり、そこから維持費などを差し引いた金額が月収となるのです。

土地の選び方、収益性、見込まれる収入などを含めて、自分1人で判断するのはとても大変なことです。自己経営だとしても、一括貸しをするとしても、まずは専門家に相談しましょう。

駐車場経営や土地活用なら
まずはこちらから資料請求を

»無料で資料請求するならこちら«

相談先にはこちらがおすすめ。
かんたんに資料請求できます。