駐車場経営や土地活用なら
まずはこちらから資料請求を

»無料で資料請求してみましょう«

かんたんに資料請求できます。

 

コインパーキング経営には、初期費用が安く済ませられるというメリットがあります。ここでは、どのくらいの初期費用がかかるのかをチェックしてみましょう。

初期費用に含まれるのは、

  • 土地整備費用
  • ロック版(フラップ)設置の費用
  • 精算機の設置費用
  • 看板の設置費用

などです。土地を購入したり借りたりする必要がある場合はさらに土地代もかかります。

初期費用の相場は?

約10台停められるコインパーキングの場合、自己経営では200~400万円ほどの自己負担となります。この金額は依頼する業者によって変わるので目安として考えておきましょう。

また、一括貸し(自営全部委託)の場合は業者が初期費用を負担してくれるので自己負担0ということも多いです。利用できる台数を多くすると費用がかさむので、自己経営では難しいこともあるでしょう。そのような場合は一括貸しを選択するといいかもしれません。

何にいくらくらいかかるの?

初期費用の各項目にどれくらいの金額がかかるのか知っておくと、適した業者に依頼しやすくなります。土地整備費用と機械などの設置費用の2つに分けて必要な金額をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

土地整備費用

更地の状態ではコインパーキングの経営はできないので整地することになります。また、車が出入りしたり駐車したりすることになるため、車の重量を分散させ、地面の耐久性を上げることも必要です。

工事の種類によって費用が異なるので、以下の3つを参考にしてみてください。

  • 未舗装の更地を整地する場合
    約1,500円/㎡
  • アスファルト舗装する場合(施工費用含む)
    約3,000~5,000円/㎡
  • コンクリート舗装する場合(施工費用含む)
    約5,000~10,000円/㎡

残置物があったり、側溝敷設が必要だったりする状態だと撤去などの工事費用もかかります。工事に関しては実費となるので、依頼する業者に問い合わせておくことをおすすめします。

さらに、駐車スペースにライン引きを行う工事では1台分に対して約5,000円かかります。こちらも忘れずに計算に入れておきましょう。

機械などの設置費用

無人で管理する経営スタイルになるので、精算機やロック板(フラップ)が必須となります。また、集客のためにコインパーキングの看板も設置することになるでしょう。ここでは、そのような機械などの設置費用についてまとめてみました。

まずはロック板(フラップ)、精算機、看板や照明の設置費用をご紹介します。

工事費込みでの価格ですが、業者によっては設置、施工費用として数十万円上乗せで請求されることもあるので注意しましょう。

精算機 40~100万円/台
ロック版(フラップ) 10~15万円/台
看板や照明 15~20万円(全部で)

精算機

精算機は中古のものと新品のものが選べます。中古だと40~65万円で済みますが、新品だと100万円ほどかかってしまいます。予算に応じてどちらにするのか判断するといいでしょう。

ロック板(フラップ)

ロック板(フラップ)には種類があり、ロックレスタイプなども選ぶことができます。選んだものによって費用は変わるので、予算内で収まるか確認しながら決めるといいでしょう。

看板

看板にも種類がいくつか存在します。大きさや高さによって費用が変わるので、どんな看板にするのかよく検討しましょう。また、電飾看板や満車の表示が出る看板だと照明がついているので、20万円ほどかかることが多いです。

駐車できる台数が多かったり、競合率が高いエリアだったりする場合は看板の見やすさはとても重要です。他のコインパーキングよりも大きくわかりやすい看板を設置した方が集客で有利となるでしょう。

防犯カメラ

セキュリティー対策のために防犯カメラを設置したりするとその分の費用もかかります。しかし、もし車上荒らしや盗難事件などが起こった場合にあるのとないのとでは大きな差があるのです。

また、いたずらやゴミの放置など悪質な行為をする利用者がいる場合でも活躍します。性能や台数にもよりますが、5,000円/月でレンタルできる業者もあるのでうまく活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いずれにしても成功のカギはきちんと専門家に相談することができたのかということ。

自分だけの考えではなかなか失敗を防ぐことができない場合も多いですから、必ず土地活用のプロに相談してから判断するようにするのが賢明です。

→駐車場経営について資料請求してみる

うまくいくよう、願っております。