家などの建物における外壁の役割をご存知でしょうか。

主な役割は、屋根と同じく家を風雨から守ること。風雨にさらされたり災害によって劣化しやすいため、モルタル塗装などを施すことで耐久性を上げ、家への影響を防ぎます。建物全般の中でも、特に木造住宅にとって重要です。

外壁塗装に使用される素材は、見た目はもちろん目的によってさまざまなものが使われます。また、同じ素材であっても、外壁には「外部からの騒音の社案」「断熱」といった、屋根以上の性能を求められるため、施工には技術が必要です。

新築工事の際に使われる外壁塗装では見た目が重要視される傾向にあるので、模様をつけるために吹き付けるタイプの塗料が使用されます。ですが、風雨にさらされるといった影響や経年劣化により塗料は徐々に劣化していくため、定期的なメンテナンスは必須です。そのままにしておくと、見た目はもちろんのこと雨漏りなどの直接的な悪影響も及ぼします。

外壁塗装を行う目安は10年に一度。

この期間を目安に改めて塗装のメンテナンスを行うことで、より長く家を長持ちさせることが可能です。思い入れのある家に長く住み続けるためには、定期的な外壁塗装は必須と言えます。

10年経ったら、すぐにでも塗装工事をしなければならないという訳ではありません。ですが、目安となる時期が分かっていれば、それに合わせて予算を確保しておくこともできます。概算金額がすぐに調べられる見積もりサービスを利用して、金額をあらかじめ調べておくのもオススメです。

→外壁塗装の金額を調べておくならこちらから

近年建てられる新築は、これまで建てられていたタイプの住宅とは外観や構造が異なり、塗装技術も向上しています。アクリル系やシリコン糸などの基本的な素材や、光触媒を使用したりナノテクノロジーを応用したナノテク塗料など。塗装技術や塗料にも著しい進化が見られます。

当然のことながら素材によって値段に違いがありますが、最新の塗料は防水性・耐久性に優れているため、コストパフォーマンスはより高くなると言えるでしょう。

外壁は家の印象を決定づける鍵

キッチンなど内装のリフォームはあくまでも家の中のリフォームなので、外観に大きな変化はありません。ですが、外装塗装は家の外のリフォームなので、塗料の素材や色だけでなく塗り方一つで外観の印象が大きく変わります。

外壁塗装は家の外観の印象を決定づける重要な項目です。どれだけ立派な家でも、塗料が劣化して剥げてきてしまっていると貧相な印象を与えてしまいます。

新たに塗装工事をするときも、塗料の色や素材をしっかりと比較検討してから実際の施工へ進めましょう。塗料によって、センスを感じさせたり高級感の演出ができます。

塗装工事が終わってから「イメージと違った」と後悔しないためにも、外壁塗装をすると決めたら焦らずじっくりと業者と打ち合わせを行いましょう。自分の希望やイメージをしっかりと伝えることで、仕上がりがより理想へ近づきます。

さらに業者を選ぶときは、1社だけでなく複数業者へ見積もってもらうのがオススメです。値段はもちろんですが、自分の希望する内容をプランに反映してくれる業者を選びましょう。

どの業者なら、自分の希望する内容を納得できる金額で施工してくれるのか。入念に比較検討するのはとても大切です。

→外壁塗装の見積もりはこちらから

外壁のダメージを与える原因とは

家をより長持ちさせたいと思うのは誰にでも共通していることではないでしょうか。ですが、どれだけ丁寧に扱っていても、経年劣化してしまうことは避けられません。これはどのような素材を使っていても必ず起こりうることです。

家は大きな資産です。心地よく過ごせる空間を維持し続けるためには、定期的なメンテナンスは必須だと言えます。自然災害による被害は誰もが想像することですが、それ以外にも外壁を劣化させる原因は数多くあるのです。

地球温暖化や大気汚染により、酸性雨や紫外線の被害は増えているとされています。自然災害と違い外気の影響は常に受け続けているので、メンテナンスをしなければ外壁の劣化は進むばかりです。特に古い住宅の場合、塗装に使われている素材自体が最新のものに比べると、防水性・耐久性ともに劣る傾向がみられます。

外壁塗装を業者へ依頼するときは、外壁が劣化した原因についてもなるべく詳細に確認してみましょう。それに合わせた対策をしっかりと立てることが、家をより長持ちさせることへ繋がります。

外壁塗装で電気代の節約に!

外壁塗装をする目的として、見た目や耐久性に関することは先程までにお伝えしました。けれど、それ以外にも外壁塗装をする意味があります。

それは「断熱性を向上させること」。

実は外壁塗装にの中には、断熱性を向上させるものがあります。断熱性能が高い塗料で外壁塗装をすることで、年間を通しての電気代削減効果が3~4万円になるケースも。気温が年々上昇傾向にあることから、近年では断熱性の高い塗料で外壁塗装をする家が増えています。

外壁塗装の時期を意識し始めたら「色・防水性・耐久性・断熱性」などを総合的に考えて、住んでいる人全てが納得できる外壁リフォームを目指しましょう。